人脈作りに異業種交流会って参加すべき?についてお答えします。

異業種交流会・起業

起業しても最初はお客さんがいない所からスタートする場合が多いと思います。

まず売上を上げない事には始まらないわけですが、その為に必要なのは人脈です。

人脈があるとないとでは起業時点でのスタートが変わります。

 

その人脈を作る機会として異業種交流会というものがあります。

異業種交流会とは、普段出会えることがない異なる業種の方と、リアルで交流することで新しい出会いや発想・つながりを持つことでビジネスのチャンスを広げていく機会です。

参加する意味については、賛否分かれますが、僕個人としては参加する意味は十分にあると思います。

実際にこの異業種交流会がきっかけで仕事につながったり、今もお付き合いしている方もいます。

 

この記事は

    • そもそも参加する意味があるのか?
    • 人脈が作れるのか?
    • 異業種交流会で成果を出したい。

そんな方に読んでいただきたい記事です。



異業種交流会って参加すべき?についてお答えします。

僕自身起業当初はかなり異業種交流会には参加していましたが、そんな経験から

「行かなければ良かった」

と思うものと

「行って良かった」

と思うものがありました。

行って良かった・行かなければ良かった交流会

会費が安い交流会はNG

会費が安いのは行きやすいのでいいんですが、

払う金額 = 人の質

と言えるぐらい支払う金額によって来る人の質が変わります。

安い交流会はビジネスとは直結することが考えにくく、例えビジネスにつながったとしても小さい金額でのビジネスにしか発展しない

という事もあります。

印象としては個人事業主やネットワークビジネスの方が多い印象です。

 

BtoBの場合は特に、会費が高い交流会の方がおすすめです。

会費が高い交流会になると参加される方は、従業員数数十名以上の営業職・管理職・社長などに変わります。

安い交流会より明らかにランクが上がるため、うまく人脈が構築できれば良い仕事にもつながる可能性が高いです。

金額的には少なくても5,000円以上の交流会に参加すると良いです。

 

名刺交換会はNG

名刺交換が目的の交流会。

一度だけ参加したことがありますが、ひたすら名刺交換だけして短い時間に多くの人とと名刺交換する。という会。

一人の方と話す時間も短く、人数もこなすので後で振り返っても人の顔と名刺がまったく一致しません。

ただ、名刺だけ増えたという状態です。

後にもつながりにくいので、名刺交換メインの交流会は絶対に参加しない方が良いです。

 

自己PRタイムがない交流会

参加人数が多いとなかなかできませんが、自己PRタイムがあるのとないのでは大きく違います。

自己PRの時点でこの人と話したいという目星がつけられますのでその後の交流会も無駄なく交流することができます。

自己PRがないと、

話しかけてはみたけど全然自分と合わない。

となった場合でも、すぐ離れられないんですよね。

自己PRタイムがあるかどうか、これも一つの判断基準になります。

 

結論として、

会費は5,000円以上で名刺交換が目的ではない自己PR時間がある異業種会。

これなら参加する意義はあります。

ただ、せっかくの機会なので無駄なく成果を上げたいところですよね?

異業種交流会での成果を上げるために行っておくべきことをお伝えします。

 

起業プレゼン

 

人は見た目が5割!?メラビアンの法則

人が話してや聞き手に与える影響を「言語」「聴覚」「視覚」に分けると視覚が最も影響力があるという法則です。

交流会だと初対面の人と会う機会が多い場所で第一印象が結果を大きく左右します。

第一印象の中で視覚から与える影響は大きいです。

視覚については見た目はもちろんですが、ふるまいや態度も含まれます。

当然ですが、身だしなみはしっかりしておくこと。

これは最低限やっておくことは必要です。

言語・聴覚が重要ではないということではなく、人の印象を決めるのに視覚情報は大きなウェイトを占めているということを意識する必要があります。

メラビアンの法則についてはこちらをご覧ください。

売り込まない

初対面で営業されても引かれるだけです。

まずは信頼関係を構築することです。

この人しゃべりやすい・面白いと思ってもらうことを優先してください。

その先にサービスがあります。

SNSでつながっておく

僕は必ずと言っていいほどこれはやっていました。

一番相性が良いのはFacebookです。

実名が分かりますからね。

名刺交換したその日のうちにFacebookで友達申請して、お礼メールを送る。

これで良いと思います。

脈がありそうな人は、電話して一度お会いしましょうというアポをとっても良いと思います。

Facebookでつながることによってその人の人間性や生活感も分かります。

ビジネス上だけでなく人として興味を持ってもらえることもありますし、連絡もFacebook上で取れます。

忘れてた頃に、突然仕事の依頼があった。

という事もあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

異業種交流会も時間とお金を割いていくものなので無駄にしたくないですよね。

参考にしていただいて自分にとって意味のある交流会を選んで参加し成果を出してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。