お金で叶う幸せ【不労所得が必要な理由】

不労所得が必要な理由

このサイトは「キャッシュでマイホーム」です。

現金で家を買う事を1つの目標としています。

土地も購入するとしてざっくりですが、5000万円程度は必要と考えていますが、祈っていてもお金はふってきません。

どうやって資産構築をしていくかを考えなければいけませんよね?

普通に会社員として働いていもまず難しいでしょう。

その方針を決めることになったキャッシュフロークワドラントESBIについて

こちらをご紹介します。



キャッシュフロークワドラントESBIとは

これは「金持ち父さん 貧乏父さん」という書籍で紹介されていますが、収入を得るためのモデルを図にしたものです。

ESBI

ESBIはそれぞれの頭文字をとったものです。

まず自分がどこに当てはまるかですが、私の場合は、自営業者「S」になります。

ほとんどの人は「E」「S」になるのではと思います。

つまり労働収入型です。

労働収入の特長

  • 働いた分だけお金がもらえる
  • 働く=時間を使う。
  • 飛躍的に稼ぐことが難しい

となります。

当たり前ですが、自分が働くことによって収入を得る事ができます。

権利収入の特長

  • 自分が働かなくても自動的に収入を得る
  • 自由な時間がある
  • やり方によっては莫大な資産を構築できる

ビジネスオーナーは、会社の社長(それなりの規模)で自分が働かなくても従業員が働いてくれる事で収入を得ることができます。

投資家は株式投資や不動産、国債などありますが、トレーダーと言われるような人達です。配当金や分配金などで収入を得ることができます。

完全に労働がなくなるわけではありませんが、自分自身が病気になったとしても収入が途切れることはありません。

「E」「S」でいる限りは資産構築は難しい。

従業員の場合、会社に時間を拘束されます。安定した収入はある程度約束されますが、昇給して給料が100万円上がります。

ということはほぼありえないですよね?

自営業の場合は、従業員より稼ぐことは可能ですが、一方で自分が病気になってしまったら何も稼げないリスクもあります。

時間も有限ですので、稼ぐのも限界があります。

つまり表の左側でいるだけでは資産構築は難しいです。

また、時間を犠牲にするので家族サービスや自己投資、趣味、健康に費やす時間がどうしても減ります。

資産を構築するどころかそれ以外にも犠牲にすることが多くなります。

これは、私の目指す幸せデザインとはかけ離れています。

不労所得を得る理由

もうお分かりだと思いますが、キャッシュでマイホームという目的の為には「B」「I」になることが必須事項です。

資産を作るという点でもそうですが、家族との時間や自分のやりたいことをやるためでもあり、私の目指す幸せデザインには絶対的に必要です。

不労所得を得る事は少し難しそうに感じるかもしれませんが、今の時代その階段は低くなっています。

日本では貧困層は増える一方で富裕層も増えています。

その富裕層は個人資産家の割合も多いです。

不労所得を得ることは、決して難しいことではありません。

やるかやらないか。

本当にそれだけです。

仕事をすることが幸せと感じている方は参考にはならないと思いますが、私と同様に幸せになるために不労所得が必要と考えている方がいればまず頭の中の片隅に「不労所得を得る」とインプットしてください。

そうすれば自然とそんな話がどこからかやってきたり、自分自身の行動も変わってきます。

堅牢な収入を構築していきましょう!!

ここまでお読みいただきましてありがとうございました!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。